所在地
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
日本印刷会館3F
電話 03-3551-0506
FAX 03-3551-0509
印刷図書館倶楽部 Blog
ぷりんとぴあ
印刷用語集

新刊情報一覧

『平野号 平野富二生誕の地碑建立の記録』を受入れました。

SKM_C22719070515050

発売元である(株)朗文堂様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

≪主な目次≫
記念式典
 式次第
平野富二 略伝
 平野富二 略伝/略伝英文
平野富二 年譜
明治産業近代化のパイオニア「平野富二生誕の地」碑建立趣意書
 「平野富二生誕の地」碑建立趣意書
 平野富二生誕の地 確定根拠
長崎 ミニ・活版さるく
平野富二ゆかりの地 長崎と東京
 長崎編
  出島、旧長崎県庁周辺、西浜町、興善町、桜町周辺、新地、銅座町、
  思案橋、油屋町周辺、寺町(男風頭山)近辺、諏訪神社・長崎公園、
  長崎歴史文化博物館周辺、長崎造船所近辺
 東京編
  平野富二の足跡
  各種教育機関
  官営の活字版印刷技術の伝承と近代化
   洋学系/医学系(講義録の印刷)/工部省・太政官・大蔵省系(布告類・紙幣の印刷)
  平野富二による活字・活版機器製造と印刷事業
  その他、民間の活版関連事業
   勃興期のメディア
   「谷中霊園」近辺、平野富二の墓所および関連の地
「平野富二生誕の地」建碑関連事項詳細
「平野富二生誕の地」碑建立
 募金者ならびに支援者・協力者 ご芳名
あとがき
*************************************************
タイトル 『平野号 平野富二生誕の地碑建立の記録』
編 集  「平野富二生誕の地」碑建立有志の会
発行元  平野富二の会
発行年  2019年05月30日
体 裁  B5判・初刷・381ページ
*************************************************

『増補改訂版 欧文組版 タイポグラフィの基礎とマナー』を受入れました。

SKM_C22719062613130

発行元である(株)烏有書林様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

本書は、2010年3月に美術出版社より発行された『欧文組版 組版の基礎とマナー』に
加筆・修正を加えた増補改訂版です。
日本における欧文印刷の第一人者、嘉瑞工房・高岡昌生が指南する、
本格的な欧文組版解説書であり、デザイナー、編集者、企業広報担当者らが
実際に欧文を組むときに役立つ活きた知識が満載。
文章組から、名刺やレターヘッド、招待状やディプロマのデザイン、
和欧混植などの組版まで、具体的な注意事項や組版事例も多数掲載されております。
英語でレポートやプレスリリースなどを発表する機会がある社会人・学生さんにとっても
必携の基本図書と言えるでしょう。

≪主な目次≫
第1章 欧文書体の基礎知識
 「レースカー」に乗る前に
 基礎用語の解説
 かんたん欧文書体史

第2章 欧文組版の基礎練習
 欧文組版、はじめの一歩
 読むテンポとリズム
 小文字の字間
 大文字の字間
 練習-1
 練習-2
 ワードスペース
 練習-3
 練習-4
 練習-5
 練習-6
 練習-7
 練習-8
 練習-9
 準備と練習
 頭揃え、中心揃えの視覚補正

第3章 より良い欧文組版のために
 3-1 ここがポイント欧文組版
  主な組版形式
  A-1 箱組
  A-2 箱組 (改善例)
  B-1 頭揃え 一段組
  C-1 箱組 二段組
  B-2 頭揃え 一段組 (改善例)
  C-2 箱組 二段組 (改善例)
 3-2 良い組版のために必要な知識
  1 ローマン体とサンセリフ体
  2 大文字、小文字
  3 大見出し、小見出し
  4 イタリック
  5 スモールキャップ
  6 数字
  7 ハイフンによる語の分割
  8 リザード、リバー、ウィドウ、オーファン
  9 インデント
  10 行空き
  11 イニシャル
  12 約物
  13 合字
  14 スクリプト
  15 スワッシュレター、ターミナルレター
  16 ぶら下がり
  17 行長
  18 頭揃えの改行
  19 短文の改行位置
  20 版面とマージン
  21 文字の色
 3-3 組版マニュアル

第4章 一歩上をいく欧文組版
 4-1 欧文組版の実践例
  名刺
  レターヘッド
  招待状とディプロマの世界
 4-2 デザインの各分野に向けて
 4-3 和欧文の違いと調和への配慮
  和欧混植について
  日本語版から英語版を作るさいの注意点

第5章 私とタイポグラフィ

コラム・タイポグラフィこぼれ話
 ゲラ ゲラ ゲラ ! ゲタ ゲタ ゲタ !
 良いフリーフォントって?
 使用サイズ感とオプティカルサイズ
 タイプライターの影響
 「目次」のタイポグラフィ
 C & lcのlcって何?
 翻訳者Tさんの悩み

****************************************************
タイトル 『増補改訂版 欧文組版 タイポグラフィの基礎とマナー』
著 者  髙岡 昌生
発行元  (株)烏有書林
発行年  2019年7月5日
体 裁  B5判 初版第1刷 190ページ
****************************************************

『図解でよくわかる! みんなの印刷入門』を受入れました。

SKM_C22719070114490

発行元である公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

≪主な目次≫
Chapter 1 印刷の役割
 Section 01 身近な印刷物
 Section 02 どのように印刷製品になるのか
 Section 03 その他の印刷技術

Chapter 2 オフセット印刷
 Section 01 オフセット印刷の基本技術
 Section 02 ワークフロー
 Column ワークフローの変遷

Chapter 3 デジタル印刷
 Section 01 デジタル印刷機(方式)
 Section 02 デジタル印刷の活用法
 Column 印刷前の表面処理

Chapter 4 その他の印刷
 Section 01 グラビア印刷
 Section 02 凸版印刷
 Section 03 孔版印刷
 Column 抜き合わせ(ノックアウト)、毛抜き合わせ(トラッピング)、ノセ(オーバープリント)

Chapter 5 印刷を支える技術
 Section 01 デザイン
 Section 02 書体とフォント
 Section 03 文字コード
 Section 04 組版
 Section 05 光と色
 Section 06 画像(写真)
 Section 07 スクリーニング
 Section 08 校正
 Section 09 製本、後加工
 Column カラーコレクション機能(特定色域の選択)
 Column CG とPhotoshop でできることの一例紹介
 Column Japan Color 2011

Chapter 6 印刷の資材
 Section 01 紙
 Section 02 インキ
 Section 03 プレート
 Column Web to Print

Chapter 7 これからの印刷
 Section 01 様々なメディアと特徴
 Section 02 デジタル×紙×マーケティング
 Column まとめ

*************************************************
タイトル 『図解でよくわかる! みんなの印刷入門』
編・著   みんなの印刷入門制作委員会
発行元  (公社)日本印刷技術協会(JAGAT)
発行年  2019年04月1日
体 裁  B5判・第二版・128ページ
*************************************************

『図解入門業界研究 最新印刷業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版]』を受入れました。

SKM_C22719062814230

発行元である(株)秀和システム様より、上記の資料を受入れました。

≪目次≫
第1章 印刷業界の現在(いま)を知る
1-1 震災以降の印刷業界
1-2 インバウンドと印刷業界
1-3 新しいビジネスモデルとしての印刷通販
コラム 江戸の文化を支えた版元達
1-4 印刷物の種類と市場
1-5 事業数と出荷額の動向
1-6 業界の構造と経営実態
1-7 広告市場と印刷
1-8 出版市場と印刷
1-9 マイナンバー制度と印刷業界
1-10 TPPと印刷業界
コラム 日本印刷の父 本木昌造

第2章 紙と電子の共存共栄を目指して
2-1 電子出版物に係る市場の現状
2-2 電子書籍の歴史
2-3 電子ブックリーダーの歴史
2-4 電子書籍汎用端末の登場
2-5 電子書籍におけるフォーマット
2-6 Web閲覧環境の違い
2-7 変わる本づくりの工程
2-8 印刷会社が手掛ける電子書籍ビジネス
2-9 クラウド化が進む電子書籍ストア
2-10 電子書籍に対する読者の関心
コラム 貸本から雑誌読み放題まで

第3章 印刷関連業界を俯瞰する
3-1 多様性に富んでいる印刷および関連産業
3-2 印刷産業機械工業の動向
3-3 印刷機械メーカーと複写機メーカー
3-4 製紙産業の動向
3-5 印刷インキメーカーの動向
3-6 スキャナー・出力機メーカーの動向
3-7 製本業界と製本機メーカーの動向
3-8 包装新資材とパッケージ印刷
コラム 広告代理店と印刷会社

第4章 印刷会社の人と仕事
4-1 基本的な印刷工程
4-2 デジタル印刷の工程
4-3 プリプレス工程の人材とスキル
4-4 ポストプレス工程の人材とスキル
4-5 印刷の生産管理の仕事
4-6 印刷の営業と営業開発の仕事
4-7 クロスメディアエキスパート
コラム デザインルームの風景
4-8 印刷業界の教育機関
コラム 三原色とインキ

第5章 印刷技術進化の歴史と将来
5-1 印刷の源流
5-2 ルネサンス時代の印刷技術
5-3 印刷技術進化の歴史と将来
5-4 日本における印刷技術の進化
5-5 近代日本における印刷技術
5-6 印刷物の種類(印刷物の種類と技術?)
5-7 印刷方式の区分(印刷物の種類と技術?)
コラム プリントゴッコの時代
5-8 デジタル印刷の普及
5-9 DTPの歴史
コラム 昭和の版下制作
5-10 アドビシステムズが果たした役割
5-11 主流となったPDFとXML
5-12 多品種少量時代の印刷技術
5-13 より製造業に近くなる印刷会社
コラム 食用印刷とものづくり
5-14 次世代の印刷新技術と印刷会社
コラム 葡萄の搾り機から印刷機械
コラム AR技術と印刷業界

第6章 印刷業界における環境問題
6-1 印刷業界が直面する環境問題
6-2 印刷業界における環境関連法規
6-3 グリーンプリンティング認定制度
6-4 環境ISOの導入
6-5 水なし印刷の取り組み
6-6 「光沢加工サービス」における環境対応
6-7 印刷インキの環境配慮
6-8 地球温暖化への対応
コラム 紙の再生資源と再生利用

第7章 新しい業態開発を急ぐ印刷業界
7-1 ソリューション・プロバイダーを目指す印刷業
7-2 インターネット印刷通販の動向
コラム 多丁付けと多面付け
7-3 凸版印刷の経営多角化の歴史
7-4 大日本印刷の経営多角化の歴史
7-5 DPSを中心とするトッパン・フォームズ
7-6 共同印刷の経営多角化
7-7 伝統の技を活かす 日本写真印刷
7-8 技術開発で高い評価 図書印刷
7-9 上場の中堅印刷会社の動向
コラム 地方印刷会社の東京進出
7-10 印刷会社の企業再生の事例
コラム 音楽パッケージの世界

資料編
(一社)日本印刷産業連合会 正会員
印刷用語集
印刷関連産業業界マップ
 1製紙業界と包装資材業界
 2主たるインキ業界
 3総合広告代理店業界
 4出版業界

******************************************************
タイトル 『図解入門業界研究
      最新印刷業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第2版]』
著 者  中村 恵二、渡邊 滋
発行元  (株)秀和システム
発行年  2016年12月8日
体 裁  A5判・初版第1刷・192ページ
******************************************************

『デザインのひきだし37』を受入れました。

(本体)
SKM_C22719061009280

(付録)
SKM_C22719061009290

発行元である(株)グラフィック社様より、上記の資料を受入れました。

(以下、発行元のHPより引用)
「活版・凸版印刷でモノ感あふれる紙ものづくり」を大特集。
ノスタルジーも新しい雰囲気をも併せ持つ活版&凸版印刷(レタープレス)を大特集。
作品紹介・インタビュー・基本的な仕組み解説どんな活版印刷ができるかわかる実物付録と
全国活版印刷会社リストまで完全網羅。
本誌より分厚い連動付録も満載で超お得な1冊です。

≪主な目次≫
●特集 活版・凸版印刷の見たい!知りたい!いい作品
・イラスト解説 活版・凸版印刷、基本のき
・活字鋳造の現場へ―佐々木活字店
・比較用書体見本つき・いま買える!活字書体リスト
・ドイツにただひとつの活字鋳造所
・INTERVIEW 活字にこだわった紙ものづくり
・凸版づくりの現場へ
・INTERVIEW 凸版づくりにこだわった紙ものづくり
・活版印刷の現場へ
・世界随一!欧文活版印刷といえばここ 嘉瑞工房を訪ねる
●実際に、活版印刷や凸版印刷をお願いしてみよう
・活版印刷・レタープレスキット
・日本全国の活版印刷・凸版印刷を頼める会社リスト
●連載・記事
***********************************************************
タイトル 『デザインのひきだし37』
      プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌
発行元  (株)グラフィック社
発行年  2019年6月25日
体 裁  B5判・162ページ
***********************************************************

↑ ページトップ