所在地
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
日本印刷会館3F
電話 03-3551-0506
FAX 03-3551-0509
印刷図書館倶楽部 Blog
ぷりんとぴあ
印刷用語集

新刊情報一覧

『創業70周年記念出版 平成の紙パルプ・関連事業~競争と共創の30年』を受入れました。

SKM_C22720080513580

発行元である(株)紙業タイムス社様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

本書は、創業70周年を迎えた(株)紙業タイムス社が、その記念として
紙パルプ・関連産業、製紙メーカー、流通代理店、製紙原料業界など
各社・団体の取組みを当事者の肉声を通じて振り返り、
令和時代への指針・教訓として広く関連各界に提供するためのものとなっております。

≪目次≫
●特別寄稿
尾鍋史彦(東京大学)平成とはどういう時代だったのか ─ 紙の産業・技術・教育・文化・芸術・哲学の軌跡
●業界有力者に聞く「心に残る平成の出来事」
◎紙・パルプ
 ・井川俊髙(大王製紙)クオリティ最優先を貫いて成功した『エリエール』
 ・川口幸一郎(五條製紙)海外・環境・ブランドで紙の良さを消費者へ
 ・北村光雄(大和板紙)一般紙器用途はジリ貧でも独自商品の開発で生き残る
 ・黒﨑暁(JPコアレックスホールディングス)古紙再生技術の追求がゼロエミッションに結実
 ・日野喜教(特種東海エコロジー)メーカーの業界再編に直面
 ・三木雅人(三木特種製紙)わが国製紙業界初の中国現地生産を実現
◎紙加工
 ・大坪清(レンゴー)グループ売上高1 兆円にふさわしい人材を養成する
 ・齋藤英男(トーモク)先輩たちを追い出した以上一生懸命やるしかなかった
 ・齊藤了介(大昭和紙工産業)紙一筋をさらに発展“環境問題解決会社”に
 ・竹本實生(日本紙管工業)海外との積極的な交流で最先端の技術や知見を吸収
◎流通
 ・牟田口昭(新生紙パルプ商事)資本中心のM&Aではなく、個々の思いが合併に結実
 ・大河内健二(アクアス)足掛け10 年で理想的な立地の物流センターを建設
 ・小島勝正(平和紙業)“バブル崩壊”の瀬戸際で間一髪、間に合った上場
 ・滝川律夫(中央紙通商)不利な商慣習を止め競争力ある中部地区に
 ・竹尾稠(竹尾)業界基盤のさらなる強化に向け邁進した8年間
 ・山川泰司(大丸)競争から共創を実現した大丸藤井と日藤の合併
 ・若林啓介(若林商店)事業の多角化と業務提携で収益基盤の安定を図った
◎製紙原料
 ・栗原正雄(全国製紙原料商工組合連合会)古紙余剰問題に総力を挙げて取り組む
 ・大久保 信隆(関東製紙原料直納商工組合)日本の古紙の評価アップに身を捧げた平成時代
 ・梅田愼也(宮崎)余剰化の危機感から組合が一致団結した決起大会
 ・矢倉義弘(近畿製紙原料直納商工組合)発生量の低迷に甘んじてはいられない
 ・實守敏訓(大阪府紙料協同組合)正直であれ、そうシンプルに考えてお付き合いすることがベスト
 ・山上春美(大阪再生資源業界近代化協議会)古紙だけでは、いずれ行き詰まる時が来る
 ・寺松哲雄(寺松商店)古紙輸出の先駆者として駆け抜けた平成時代
◎機械・資材・薬品
 ・野上哲彦(IHI フォイトペーパーテクノロジー)構造変化に合わせ機械メーカーとして継続的に貢献
 ・鈴木節夫(バルメット)製紙業界の変化に合わせ最適な事業形態で対応
 ・小林俊雄(小林製作所)内外での成長支えた中国進出・技術提携・経営近代化
 ・篠原正能(川之江造機)“半歩先”の変化を見逃さず地道な対応を継続
 ・石川眞(丸石製作所)海外建設・技術提携と業界貢献で“令和”へ繋ぐ
 ・井出丈史(大善)自社開発と“お客様目線”で激しい時代変化を克服
 ・熊谷健(熊谷理機工業)ITの著しい進展に伴う変化の大きさを改めて実感
 ・滝沢智(星光PMC)時代変遷に即した技術・製品開発で操業性や紙品質の向上に寄与
●時代を支えた業界有力者
〈フォトアーカイブ〉70年にわたり所蔵する厖大な写真データの中から、2,668名の顔写真をレビュー
***********************************************************
タイトル 『創業70周年記念出版 平成の紙パルプ・関連事業~競争と共創の30年』
発行元  (株)紙業タイムス社
発行年  2020年3月30日
体 裁  A4判・316ページ
***********************************************************

『東京紙器業界60年の歩み』を受入れました。

SKM_C22720080512470

本書の編集制作を担当している(株)全国紙器広報センター様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

≪目次≫
4団体理事長による巻頭座談会
編集者としての前書き
編纂プロジェクト座談会
「紙器業界と歩んだ人たち」インタビュー
写真アーカイブス 
「東京紙器四十年史」に見る紙器組合の誕生と変遷
パッケージ工業健康保険組合のしくみ
4団体の歴代理事長と主な出来事
東京紙器工業組合の歴代役員
東日本紙器厚生年金基金40年の歩み
 ・東日本紙器厚生年金基金設立40年の歩み概要
 ・グラフで見る40年の歩み
 ・図表で見る40年の歩み
 ・歴代の役員・代議員
 ・東日本紙器厚生年金基金設立40年を振り返る座談会
 ・基金ガイド
編集委員の紹介
************************************************
タイトル 『東京紙器業界60年の歩み』
発 行 元  東京紙器工業協同組合/東京紙器工業組合
編集制作 (株)全国紙器広報センター
発行年 2009年3月1日
体 裁 A4判、208ページ
************************************************

『武蔵野美術大学コレクション 博物図譜 ―デジタルアーカイブの試み―』を受入れました。

SKM_C22720073012330

(一社)日本印刷産業連合会様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

(以下、発行元のHPより引用)
武蔵野美術大学美術館・図書館所蔵(荒俣宏氏提供)の貴重書から
ビジュアルな図版を多数収録。
同大で行われたデジタルアーカイブ・プロジェクトをもとに、
大学資料の活用、デジタル化についても解説する。
荒俣氏による博物学と図譜についての解説も収録。

≪主な目次≫
I 図譜編-解説・本庄美千代
I-01 『花蝶珍種図譜』 
I-02 『人体構造解剖図集』 
I-03 『中国ヨーロッパ植物図譜』 
I-04 『第3 次太平洋航海記』 
I-05 『イギリスの昆虫』 
I-06 『名花素描』 
I-07 『ルソーの植物学』
I-08 『オーストラリア探検記』
I-09 『コルディエラ景観図集』
I-10 『フローラの神殿』 
I-11 『解剖学遺稿集』 
I-12 『熱帯ヤシ科植物図譜』 (第1巻/第2巻/第3巻)
I-13 『ユラニー号およびフィジシエンヌ号世界周航記録:動物図譜編』
I-14 『脊椎動物図譜』(哺乳類編/爬虫類編)
I-15 『コキーユ号世界航海記』(動物編/植物編/探検航海編)
I-16 『アストロラブ号世界周航記』
(航海地図/航海史:図録1・図録2/ニュージーランドの動物図譜、哺乳類/軟体動物図譜/動物図譜/植物図譜)
I-17 『一般と個別の頭足類図譜』
I-18 『鳩図譜』
I-19 『チリ全史』 
I-20 『八色鳥科鳥類図譜』 
I-21 『フウチョウ科・ニワシドリ科鳥類図譜』 
I-22 『自然の造形』 
I-23 『エルウィズ氏ユリ属の研究補遺』
I-24 『[中国肉筆博物図集]』 

II 博物学とその美的表現の歴史-荒俣 宏
Ⅱ-01 博物画の楽しみ
Ⅱ-02 博物採集,博物館,そして博覧会
Ⅱ-03 日本博物学と図譜の進展―栗本丹洲『千蟲譜』を中心に―
Ⅱ-04 視覚の冒険―「水族館の歴史」に寄せて―
Ⅱ-05 博物画の現在と過去

Ⅲ 書物からアーカイブへ
Ⅲ-01 美術大学におけるデジタルアーカイブの試みとは―寺山祐策
Ⅲ-02 特装本「博物図譜とデジタルアーカイブ」の発刊について―寺山祐策
Ⅲ-03 博物図譜コレクションのはじまりから研究活用まで:
   「荒俣宏旧蔵博物図譜コレクション」をめぐって―本庄美千代
Ⅲ-04 タッチパネル閲覧システムから「MAU M&L 博物図譜」開発まで
    -大田暁雄・河野通義

人名リスト/参考文献
視覚化される世界「博物図譜とデジタルアーカイブ」参考資料年表-谷田 幸・田中知美
***********************************************************
タイトル 『武蔵野美術大学コレクション 博物図譜 ―デジタルアーカイブの試み―』
特別監修 荒俣 博
監 修  寺山祐策
編 集  本庄美千代
発 行  朝倉書店
発行年  2018年10月15日
体 裁  26.5㎝×19㎝・508ページ
***********************************************************

『製本産業ビジョン2025 再・創業』を受入れました。

SKM_C22720072915350

発行元である全日本製本工業組合連合会様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

本書は、「再・創業(リ・スタート)」を今後の製本産業ビジョンとして掲げ、
中期振興策としてビジネスを主軸としながら新たな価値を創っていく
「第3の市場創り」を提示するなど、製本産業界の提言書となっております。

≪主な目次≫
1章 製本産業ビジョン2018を振り返る」(総括)
2章 製本業の現状と課題
3章 2025年の日本と製本ビジネスを取り巻く環境
4章 もし製本会社がなくなったら…
5章 わが社の2025年は『再・創業』で創りあげる
6章 第3の市場づくりへの取り組み
7章 わが社の『再・創業』を描く
************************************************
タイトル 『製本産業ビジョン2025 再・創業』
発行元 全日本製本工業組合連合会
発行年 2020年1月
体 裁 A4判、144ページ
************************************************

『包装技術便覧』を受入れました。

SKM_C22720071713290

発行元である(公社)日本包装技術協会様より、上記の資料を受入れました。

本書は、1995年(平成7年)に発行された「包装技術便覧」の改訂版となります。
最初に刊行されてから23余年、包装技術の進歩には目覚ましいものがあり、
包装業界をとりまく社会状勢、国際情勢も大きく変化しました。
便利な包装容器を開発しユーザーに提供するだけではなく、
使用済みの包装資材の処哩する際にはリサイクル・環境負荷の軽減を求められ、
生活者に対しては輸入品も含め安全な包装資材を提供することが義務化されました。
これらを踏まえ、編集・執筆の陣容を一新し、改訂するにあたり、
理論と実用性のバランスに配慮し、包装の理論、実務と最新の動向などについて
実例を挙げて体系的に解説しており、今後10余年間の使用に耐える内容となっています。

≪主な目次≫
第1編 包装と社会との係り
第2編 製品と包装
第3編 包装技法
第4編 材料別包装材料
第5編 機能性包装資材
第6編 包装材料の製造
第7編 包装機械
第8編 物流と包装
第9編 包装材料と商品の管理およびその試験法
第10編 付属資料
***********************************************************
タイトル 『包装技術便覧』
編 集  (公社)日本包装技術協会
発 行  (公社)日本包装技術協会
発行年  2019年2月28日
体 裁  22㎝×15㎝・2528ページ
***********************************************************

↑ ページトップ