所在地
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
日本印刷会館3F
電話 03-3551-0506
FAX 03-3551-0509
印刷図書館倶楽部 Blog
ぷりんとぴあ
印刷用語集

新刊情報一覧

『カレンダー年鑑2020』を受入れました。

SKM_C22720061515580

(一社)日本印刷産業連合会様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

≪主な目次≫
・カレンダー・暦の仕事
・第71回全国カレンダー展
 入賞作品と入賞へのキーワード
・2020 CALENDAR DATE FILE
・第71回全国カレンダー展
・2020年・第71回全国カレンダー展入賞者へのキーワード
************************************************
タイトル 『カレンダー年鑑2020』
発行元  (株)日本印刷新聞社
発行年  2020年4月1日
体 裁  A4判 背幅15㎜
************************************************

『2020 印刷機材年鑑』を受入れました。

SKM_C22720040813390

発行元であるニュープリンティング(株)様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

≪主な目次≫
・NEW技術トレンド2020
・印刷関連市場統計
・プリプレス
  入力
  出力
  その他
・印刷機
  デジタル印刷機
  印刷機
・印刷機周辺機資材
・ポストプレス
・名簿

******************************************************
タイトル 『2020 印刷機材年鑑』
発行元  ニュープリンティング(株)
発行日  2020年3年30日
体 裁  B5判、318ページ
******************************************************

『カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2020年度版』を受入れました。

SKM_C22720040209360

発行元である(株)ボーンデジタル様より、上記の資料を受入れました。

(以下、発行元のHPより引用)
DTP&印刷スーパーしくみ事典は、DTPや印刷業務に携わるすべての人に
役立つ図解事典です。印刷のしくみといった基本的な事柄をはじめ、
ハードウェアやソフトウェア、デザインなどのクリエイティブな要素、
電子出版、デジタル印刷、製本・後加工などのDTP&印刷に関する多くの知識を、
豊富な図解を用いて解説しています。
今年の巻頭第1特集は「印刷文化の今ー“伝統と革新”のミクスチャ」をテーマに、
ベテランスタッフの技術と若いクリエイターのアイデアのコラボレーションなどを
取り上げています。他にもAdobe Creative Cloud、デジタル印刷・製版・オフセット機、
電子出版やフォント、更にはアート&クリエイティブ等、この1年の印刷に関わる
広い分野のトピックをお届けします。
印刷・製版市場に向けて販売されている出力デバイスを紹介する
「厳選機種ガイド」のパートは、枚葉インクジェット&液体トナー機、
デジタル印刷機、大判インクジェットプリンタの導入検討の際にお役立て頂けます。

≪主な目次≫
part1 巻頭特集 最新トピックス101
01 特集 印刷文化の今―“伝統と革新”のミクスチャ
02 Asobeソフトウェアの最新動向
03 デジタル印刷・製版・オフセット印刷の最新動向
04 電子出版・フォント・その他の分野の最新動向
05 本書の付録について
part2
01 印刷のしくみ
02 ハードウェア
03 デジタル素材の作成
04 文字とフォント
05 レイアウトデザイン
06 電子出版と著作権
07 色とカラーマネージメント
08 プルーフ
09 デジタルプリプレスワークフロー
10 デジタル印刷
11 用紙と印刷
12 製本・後加工
13 印刷とエコロジー
Part3 巻末特集 印刷&製版現場に向けて選んだ出力機 厳選機種ガイド50
01 枚葉&連帳IJP(インクジェットプリンタ)&液体トナー機
02 デジタル印刷機
03 大判インクジェットプリンタ
INDEX
本書の付録について
***********************************************************
タイトル 『カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2020年度版』
編 集  ボーンデジタル編集部
発行元  (株)ボーンデジタル
発行年  2020年02月25日
体 裁  A4判・356ページ
**********************************************************

『実践 ウェブハンドリング』を受入れました。

SKM_C22720040111300

発行元である(株)加工技術研究会様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

(以下、発行元のHPより引用)
本書は、ウェブハンドリングを学び、実際の生産活動に応用することを志す
技術者の道標となるべく企画されたものです。橋本教授が会長を務める
ウェブハンドリング技術研究会で研鑽を積んだ会員企業による、
ウェブハンドリングに関するさまざまな技術的取り組みをまとめました。
具体的には、「しわ・スリップ・搬送」「巻取」「制御・モデル化」の
各テーマについて、ウェブハンドリングを生産現場の課題改善に応用し、
安定的な生産性の確立やトラブル解消などに役立てた事例がふんだんに
盛り込まれています。また、しわ取りローラ等の関連機械・装置および、
蛇行抑制といった制御技術についての解説も充実しています。
「勘やコツといった経験的知見に基づくのではなく、橋本教授の
両著で示された理論をベースとしたアプローチで製造欠陥に対応したい」
と願う技術者に対し、得難い指針を提供できる1冊となっています。

≪主な目次≫
第1章 ウェブハンドリングの進展と未来展望
第2章 企業におけるウェブハンドリングの実践
・しわ・スリップ・搬送
・巻取
・制御・モデル化
コラム
索引(TERMINOLOGY INDEX)
****************************************
タイトル 『実践 ウェブハンドリング』
編 著   ウェブハンドリング技術研究会
発行元  (株)加工技術研究会
発行日  2020年4月1日
体 裁  B5判、240ページ
****************************************

『贋札の世界史』(角川ソフィア文庫)を受入れました。

SKM_C22720040110550

著者である植村 峻様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

本書は、2004年6月に日本放送出版協会より刊行された『贋札の世界史』を
加筆修正したものです。
(以下、発行元のHPより引用)
10世紀に中国で紙幣が誕生するとすぐ贋札が出現した。手書きの偽造犯、
国でさえ判別できない精巧な偽造から、ナチスによる英ポンド偽造作戦、
近年の事件まで。元大蔵省印刷局の著者がその歴史を紐解く。

≪主な目次≫
はじめに
序章 世界初の贋札
第一章 日本の贋札史
第二章 世界の贋札史
第三章 戦争と紙幣偽造
終章 贋札作りは割に合わない
あとがき
参考文献
**************************************************************
タイトル 『贋札の世界史』(角川ソフィア文庫)
著 者  植村 峻
発行元  (株)KADOKAWA 
発行年  2020年3月25日
体 裁  A6判、256ページ
**************************************************************

↑ ページトップ