所在地
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
日本印刷会館3F
電話 03-3551-0506
FAX 03-3551-0509
印刷図書館倶楽部 Blog
ぷりんとぴあ
印刷用語集

『紙の本が亡びるとき?』を受入れました。

SKM_C22719052715310

(一社)日本印刷産業連合会様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

≪目次≫
1 「ライブラリプロジェクト」 と「紙の本の終り」、 あるいは長い長いまえがき
2 知の臨界時計
  ―あらゆるものをデータ化しようとする欲望は 私たちをどこに運ぶのか
3 「文芸作品の可能的な流通形態について」 再考
4 「メロス・ゲート」 を追え
  ―近代小説と国語教科書のキケンな関係
5 「痴愚とスリルと誇り」の歓喜
   ―江藤淳に見る「文芸時評」という制度
6 活版印刷への / からの旅
  ―凸版印刷川口工場、印刷博物館、菊地信義事務所
7 探偵の物語21
  ―平野啓一郎『決壊』『ドーン』をめぐって
8 2008年のビーン・ボール
  ―ネットワーク下の文学で「日本語は亡びる」か?
9 九回裏、もしくは核の時計の前で
  ―マゾヒズムの政治的利用と 大江健三郎『さようなら、私の本よ!』のために
10  短いあとがき、あるいはこの本の終りに
********************************************************
タイトル 『紙の本が亡びるとき?』
著 者  前田塁
発行元  青土社
発行年  2010年1月17日
体 裁  19㎝×13㎝ 第1刷 286ページ
********************************************************

↑ ページトップ