所在地
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
日本印刷会館3F
電話 03-3551-0506
FAX 03-3551-0509
印刷図書館倶楽部 Blog
ぷりんとぴあ
印刷用語集

『INFORMATION DESIGN(MEDIA UNIVERSAL DESIGN)』を受入れました。

SKM_C22719082612200

発行元である全日本印刷工業組合連合会様より、上記の資料をご寄贈いただきました。

本書は、2009年1月に発行された『メディア・ユニバーサルデザインガイドライン』を
10年ぶりに改訂し、新たに『INFORMATION DESIGN(インフォメーションデザイン)』
として刊行したものです。理解しやすい情報デザイン(情報保障)を実現するための方策を
理念編、理論編、実例編、資料編の4つに分類し、わかりやすく解説しております。
多様化するメディア・ユニバーサルデザインの手引書としてぜひご利用ください。

≪目次≫
A―理念編 なぜ理解しやすい情報デザインが必要なのか?
  1.障がい者への合理的配慮を義務づけた取り組み
  2.「合理的配慮」を明記した障害者差別解消法とは?
  3.解決が急がれる社会課題の発生
  4.社会課題解決のためにMUDは生まれ、そして進化していく

B―理論編 理解しやすい情報デザインの実現
  1.情報提供の対象となる人と特徴を知る
   ・視覚障がい ・色覚障がい ・聴覚障がい ・盲ろう ・発達障がい
   ・代表的な発達障がい ・高齢者 ・こども ・LGBT ・外国人
  2.見やすく理解しやすい情報デザインの手法・技法
   ・デザイン手法―1/文字(サイズ) ・デザイン手法―2/色のデザイン
   ・技法―1/ハッチング ・技法―2/冗長性を加える
   ・その他の手法・技法(イラスト・図表・ピクトグラム・支援技術)

C―実例編 メディア・ユニバーサルデザインの5原則/施策の実例

D―資料編 情報デザインに関わる団体や組織

****************************************************
タイトル 『INFORMATION DESIGN(MEDIA UNIVERSAL DESIGN)』
発行元  全日本印刷工業組合連合会
発行年  2019年7月1日
体 裁  A4判 97ページ
****************************************************

↑ ページトップ