所在地
〒104-0041 東京都中央区新富1-16-8
日本印刷会館3F
電話 03-3551-0506
FAX 03-3551-0509
印刷図書館倶楽部 Blog
ぷりんとぴあ
印刷用語集

『開封・戦後日本の印刷広告 『プレスアルト』同梱広告傑作選<1949-1977>』を受入れました。

SKM_C22721071610330

発行元である(株)創元社様より、上記の資料を受入れました。

(以下、発行元のHPより引用)
幻の広告研究誌から見る戦後の大衆社会とは
ポスター・パッケージ等の「実物」の広告・宣伝印刷物を綴じ込み、
批評冊子とともに頒布されていた幻の会員制広告研究誌『プレスアルト』。
この他に類を見ないユニークな広告雑誌を、
バラエティ豊かな9つのテーマに沿って解剖し、
関西を中心とした戦後の広告文化史とグラビア印刷史に新たな光を当てる!
本誌に掲載された6000点を超える実物の宣伝物のなかから、340点余を厳選して収録。
12の論文と詳細な解説を付した。

≪目次≫
第1部 『プレスアルト』とは何か
第1章 「プレスアルト」というタイムカプセル
第2章 脇清吉論―脇清吉と商業デザインのネットワーク
第3章 印刷雑誌としての『プレスアルト』―『プレスアルト』から見える印刷事情
第2部 『プレスアルト』から見る戦後の大衆社会
第4章 『プレスアルト』推奨の観光ガイドブックを開く
第5章 医薬品―病気と健康のあいだに
第6章 食をめぐる洋風・栄養・広告
第7章 百貨店という文化装置の戦後
第8章 「家電王国」大阪
第9章 「白物家電」広告とハッピーホームの「主婦」たち
第10章 化粧品広告デザインの多様性
第11章 大阪労音の時代
第12章 華やかな繊維時代と広告表現
執筆者略歴
***********************************************************
タイトル 『開封・戦後日本の印刷広告
『プレスアルト』同梱広告傑作選<1949-1977>』
編 者  竹内幸絵
発行元  (株)創元社
発行年  2020年3月8日
体 裁  B5判・第1版第1刷・240ページ
**********************************************************

↑ ページトップ